結婚とかアイドルとか考える

独身。アイドルsmapの生き様が好き。

とあるSMAPファンがデレマスアニメを見たときの感想を書く

SMAPファンなら解散について書けよって感じですけど、年末年始からごちゃごちゃ何も知らない外野がうるさいので書く気を失い、去年9月あたりに見たデレマスアニメの感想を書きます。

きっかけは中居正広デレステCMやったからです。デレステの推しは高垣楓です。ニコニコ動画で課金してみました。面白かったです。あんまりSMAPファン視点はないです。

 

 

 

最初は1話でプロデューサーの不審さに笑い、卯月ちゃんの笑顔で落ちました。

本当にかわいかった。このシーンをきっかけで続きを見たくなり、全25話を3日間くらいで見ました。ほかの派生は見てないです。

 

まず思ったのが346プロがアイドルを数多く抱えていて設備投資もしっかりしてて何人かバカ売れしてないと採算とれそうにないなってことでした。物語後半になっていくとその部分の視点も明らかになっていくわけですが(常務が言ったすぐに売れないとダメってやつ)

更にこの物語は14人もメインになる子がいて2クールでまとまるのかなってことでした。

この辺いろんな意見があると思いますが、私はデレステしかやってないしコミュもほとんど見てないから、キャラ描写に違和感とかも感じなかった。曲もこんな感じでできあがったかあー!って知ってる曲が出てくるのは楽しいし、14人もいるアイドルたちをそれ以上のアイドルたちを25話でよく描いてきたなあと。

当番回というのは当然あるんだけど、それだけに終始しなくて盤外でキャラが動いている感じが楽しいというか。

キャラとしてはやっぱ本田未央前川みくが好きで楓さんは強キャラだった。本田未央の未熟さと前に進む力とそれが出来るがゆえにやや狭い視野とプロデュース目線と先走りがゆっくりと収まっていく成長が見れてよかった。ちゃんと成長が描かれてるの好きだなあ。

責任感が強いがゆえに成功に対して焦るし、空気を変える明るさと視野がせまいがゆえに前に進める。アイドルの私物を持ってくる提案をするのは個性をうちだしていくシンデレラプロジェクトにおいて、重要なプロデューサー視点なんだよな。見えてるし、見えてないんだろうね。その微妙なバランスが面白いキャラクターだなと。

凛と未央は本質が結構似てるんだよね。発露の仕方は違うけど。凛は直球どストレートでぶつかっていくけど、未央は感情を爆発させて突っ走る。でも思ってることや行動が似てる。卯月だけが違うんだけど、でもそんな卯月に惹かれたのが凛という素敵現象。

卯月の変わらない強さがあってこそ、未央と凛は前に進めるんだけど、でも卯月はその変われないことに悩んでいたというね。面白いユニットだよ。

 

未央は推進力、凛は方向、卯月はその心を担っているのかなあと。
 

これ以上書くとカプがどうのこうのになりそうだからやめておくけど、卯月は大天使だし異論は認めない。

どのキャラクターも好きになったなあ。城ヶ崎美嘉最高だったしな。あのお姉ちゃん回最高だったぜ。

 

SMAP(5人とも)も346プロに移籍しないかなー。常務も話の分かる人(資本主義の論理)だし。成果さえ上げればいいし。少なくとも公開謝罪させたりしないし。デレマスアニメは偉い人によるプロジェクト強制解体ネタとかもあるのでお勧めですよ(?)現実で起こってる問題よりもずっとえぐくないからSMAPファンなら割と見やすいと思います!!!

 

デレマスアニメは少女たちの可愛さもかっこよさも美しさも未熟さも表現されてよかった。とにかく表情がすごくいいです。細かく描画されていてその豊かさにうっかり涙したりもしました。私はこのアニメ好きです。