そこそこホンネログ

smap,新しい地図,読書感想,アニメ感想,もやもやしてる事や考えてる事なんかをそれなりにホンネで書きます

映画『クソ野郎と美しき世界』の雑感

 非常に感想が言いにくい作品でした。万人受けするようなものではないから人には勧めづらいし、響く人には響くだろうなという感じで。でもその響く人というのがSMAPファンとも限らなくて。

 何かの閉塞感に苛まれている人にはお勧めだと思います。

 

 単純に映画の話をしようと思います。でもやっぱりSMAPの話になるかもしれません。ネタバレはします。

 

この物語はそれぞれ何かの愛を抱えた人たちがそれを失い再確認し、新しく出会う話です。

 

エピソード1 ピアニストを撃つな!

 このエピソードがよくわからなくて、稲垣吾郎稲垣吾郎らしく撮りたかったのか?私は正直面白くなかった。コメディとしても中途半端な気がして。話の筋は単純で、それまで色んな女を渡り歩いてきた男が自分の好みではない女性に、また女の方も同じように劇的に恋に落ちる話。

 ただまあ、その劇的に恋に落ちる男女の部分は割とどうでもよくて、エピソード1の最後のあと大門はどうして止めなかったのか。何故最後まで続けるように指示したのかが分からなくてもやもやする。女を愛しているので身を引くのは分かるけど。既に間違いに気づいてるのに続けるのが分からん。ドMか、愛している女への贖罪か、それとも自分を愛してると言った男をもっと縛るためなのか。そこら辺が気になる。

エピソード2 慎吾ちゃんと歌食いの話

 香取慎吾の話。エピソード1,3はともに本人役ではないけど、香取慎吾だけ、香取慎吾役をやっていた。そして一番SMAPを想起させるエピソードだった。

  歌えなかったのか歌わなかったのか分からないが、劇中の彼は歌を歌っていなかった。その後少女の姿をしている歌食いによって歌を奪われた。歌えないものを奪われたところで何も変わりはしないのに、彼は少女のあれを食べるのを逡巡するほどに歌うことに執着していた。

 途中「一人でですか?」と返すところがあり、とてもとても胸をうたれてしまった。だって彼は前は6人、5人で歌っていたから。短いエピソードであり、香取慎吾しか出ていないのにどうしたって彼のやっていたアイドルグループを想像させる作りになっている。どうしたって心が揺さぶられる。

 私は未だ納得していない。あの結末にはまるで納得していないし、なんなら強い恨みを抱いている。彼らではなくその後ろで動いていた者たちと、構造、面白がって彼らを棄損し続けたメディアや大衆に対して強い恨みを抱いている。だけど、同時に彼らのことを思うとどうしようもなく苦しく悲しく、切ない。

 そんなどうしようもないことをまた思い返してしまった。

エピソード3 光へ、航る

 草彅剛がかっこよくて死ぬ。

エピソード4 新しい詩

  三つのエピソードのオチ的な部分をまとめた総括的なエピソード。ここであれが繋がってたんだ!みたいな驚きとともに、新しい詩とかいう素晴らしい歌が披露される。みんな買え。新しい詩の為に劇場に足を運んでもいいくらいこれがいい。というかこの歌を聞くのは劇場がいい。一応Amazon musicで買ったけども、やっぱ劇場の映像と音響じゃないとあのゾクゾクする感じは得られないので劇場に足をお運び下さい。もう最終日(4/19までです)ですけど。

 とにかくあの歌が最高にいいので、ぜひ劇場でご堪能ください。

構造的な話

 三つのエピソード+まとめ的なエピソードという構造。

 三つの内エピソード1とエピソード3は繋がっているのにエピソード2だけ繋がっていない。なんだかエピソード2だけ浮いているような内容だ。

 エピソード1、エピソード3はともに人への愛の話であるのに対して、エピソード2は歌への愛が表現されている。エピソード4の「新しい詩」とエンディングの「地球最後の日」でもその表現の役割の差は顕著である。これはどういった意図でやられているのか気になるところだ。

 

以上、初見感想でした!

パンフレットやオフィシャルブックは後でみますよー!

 

クソ野郎と美しき世界 THE BASTARD AND THE BEAUTIFUL WORLD -Original Soundtrack-

クソ野郎と美しき世界 THE BASTARD AND THE BEAUTIFUL WORLD -Original Soundtrack-

  • アーティスト: クソ野郎★ALL STARS
  • 出版社/メーカー: WM Japan
  • 発売日: 2018/04/06
  • メディア: MP3 ダウンロード

中居くんさんのデレステCMがなくなった事寂しいなって話

 中居正広デレステCMが終わるっぽいです。ジャニーズWEBでCMの表示が消されましたのでほぼ確定だと思います*1
 今回のデレステCMが最後のCMでした。その為全てのCM契約が切れた為、事務所退所の準備ではなどと一部のファンの間ではいわれてますが、そういうのどうでもよくてひたすら寂しいです。

 

 番組レギュラー不定期、特番が減ったり、ジャニーズ事務所で一人だけ公式情報が配信されず、地味に中居正広の周囲状況は悪くなっていくばかりですが、私にとってはデレステCM終了がここ最近で一番寂しい出来事でした。

 私はあの2016年デレステのCMが嬉しくて仕方なかったです。ブコメにも何度もその旨を書きました。「アイドルは、やめらんない!」というCMの言葉をあの時期皮肉的な解釈をされることが多かったですが、私にとってはアイドルを辞めたいなんて一言も言ってない状況で独特の声でおねシンを歌ったり、新人アイドル役をやる中居正広がいたことで少々救われもしました。中居正広があのCMを喜んでやっていたかは知りませんが、MCのネタにもなっていたし自ら衣装の提案*2まで行っていて、それなりの姿勢で取り組んでいたことは確かです。

 

 CMが始まってからはCMの度にお礼課金をしていたら何故かぷちデレラ化して衝撃をうけたことを覚えています。

www.famitsu.com

 

 ジャニーズ事務所は課金してもなんもしてくれなかったけど、デレステは課金するとぷちデレラ実装してくれるんですよ?凄くない??

 

 デレマスPが「中居くんさん」と呼んで温かく迎えてくれたことも本当にうれしかったです。

e-talentbank.co.jp

 

togetter.com

 

 

 らしんばんの投票では一位も取らせてもらいました。ネタだろうがなんだろうが多分その時頑張ってって応援してくれた思いが結果になったのだと思います。嬉しかったです。ちょっと推しを褒めてもいいですか?影の中居正広超かっこよくないですか?

 

 

 

 

 そして他のアイドルよりも中居正広の声の実装の方が早くて申し訳なかったなって思います。

 

togetter.com

 

 

 

 

 すまん。私も今「黒川千秋」って子の声の実装されないかなって思ってるから今ならちょっと気持ち分かるよ。今実装されてるんだっけ?どうだっけ?

 

 

 私が中居正広デレステCMが出たことで変化は、デレステアニメ見て感想書いたり、

 

syuma.hatenablog.com

 

 

 高垣楓のダジャレに気が抜けて推すことになったり、ようやく楓さんのフェス限定じゃないSSRが出てスカチケを待ち遠しく思ったりですかね。*3

 

 中居正広デレステCMは無くなるけど、楽しかった思い出は消えないし、デレステPとしては自分のペースでやっていこうと思います。「アイドルは、やめらんない!」からね!

 

 

 

*1:あの事務所そういうところだけ早い

*2:それもSMAPの前身であるスケートボーイズ時代の衣装をモチーフにしていた

*3:楓さんのイベが復刻してその為のアイテムを集めていたのですがアイテムの交換期間とイベの実施期間を勘違いし結局交換できなかった記憶は封印しています

新しい地図 72時間ホンネテレビから「GQ JAPAN」重版までの動きをまとめてみた

 72時間ホンネテレビは大成功し、PCとテレビ*1の前に張り付き、激しく感情が揺れ動いた怒涛の三日間が終わり、落ち着いてくるかなーと思ったらそうでもない「新しい地図」の活動をまとめました。

 

 まとめに入る前にまずはこれですよ奥さん!

 

 

 新しい地図の三人が表紙となった「GQ JAPAN」の最新号が重版です!これで書店で買えなかった、Amazonでも買えない。どこに行っても買えないというGQ難民も安心ですね!重版は雑誌界隈だとかなり珍しい現象だそうで、3人*2はちゃんと結果だしたなーと思いますね。

GQ JAPAN (ジーキュージャパン) 2018年01・02月合併号 [GQ MEN OF THE YEAR 2017]

 

 ↑今は「マーケットプレイスからの出品」となってるのでちゃんと再販されてから買いましょう。kindle版もあるので内容だけ確認したいという方はそちらもお勧めです。

 

 さてまとめです。11月はこんな感じでした。

*1:なんちゃらStick買った

*2:とファンも

続きを読む

72時間ホンネテレビ 三谷幸喜篇

72時間ホンネテレビが終わって感想を何度も書こうとして時間が取れず時ばかり過ぎていく毎日。そうこうしている内に7.2時間の特別番組が発表されました。

 

 

 

本人から放送の告知を聞ける喜びたるや。

 

 

間違ってたけどw

 

 

av.watch.impress.co.jp

 

 

というわけで、今週の日曜日(2017/11/19)に7.2時間の特別番組で未公開も含んだ72時間ホンネテレビの特別番組が放送されるようです!

72時間ホンネテレビは全ての内容ががっちり詰まっているというわけではなく、ゆるーくやっていた部分も大いにあります。とはいえ7.2時間に凝縮するとカットされる部分も多いでしょう。

 

個人的にカットしてほしくないな、というかこれはカットせずに放送されることに意味があると思ったのが11/3に三谷幸喜が出ていたドラマ作成パートです。

 

www.asahi.com

 

72時間ホンネテレビはテレビ*1的な部分が大半でしたがSNSを活用するというテーマを軸に「ネットでやっている事」「テレビでやっている事」「テレビで出来なくなった事」「テレビでやっていない事」で構成されていました。

この三谷幸喜のパートは「テレビでやっていない事」にあたります。

三谷幸喜のパートでやっていたことは2時間で脚本もないところから5分のドラマを作るという事です。

 

*1:ここでは地上波のテレビという意味です

続きを読む